デンタルローンにも使えるカードローンはこちらです

好条件のカードローンへ借り換えていく

現在、全体の3割近い方が定期的にカードローンを利用していると言われています。利用者の内訳を見てみると、決して低所得の方ばかりが利用しているものではなく、逆に中・高所得者の方の利用も多いようです。

カードローンの利用目的も、生活費に補填する為や高額な商品を購入する為と、様々なケースがあると思いますが、気になるのは金利(利息)ではないでしょうか。借入残高が小さかったり、数ヵ月で完済出来るほどのものであれば、然程気にならないかもしれませんが、借入を定期的に繰り返したり、返済が長期に渡れば、数%の違いは総返済額に大きく影響します。

現在はカードローン業界も新たなユーザーの獲得競争が激しく、銀行のカードローン・消費者金融のカードローン共に、以前よりも大きな限度額で低金利の条件で契約出来る傾向にはあります。各社のサイトを見てみると、金利が1桁前半~で紹介されていることが少なくありません。

しかし、実際に契約出来る金利の条件は、審査の結果次第で、事前に分かるものではありません。もし、現在ご利用中のカードローンがあったなら、その契約条件がベストなものかどうかは、他社へ申込み、審査を受けてみないと分からないのです。

カードローンを利用していくにも、時折他社へ申込んでみて好条件のものがあれば、借り換えていくというのも賢い利用方法かもしれません。


このページの先頭へ